薬剤師の求人の探し方と面接の体験談

面接の失敗をきっかけにエージェントに相談

面接の失敗をきっかけにエージェントに相談新しい職場を探すとき、下調べは重要!

薬剤師として活躍できる場所を探していて、最初はハローワークに行ったり求人情報サイトも一般のものを見ていました。
でも、なかなかイメージにあったところがなくて悩み、最終的には専門の求人情報サイトを利用することにしました。
そこでは数多くの募集があり一般的には非公開となっているものもあったので、これなら良い条件のものが見つかるのではないかなという期待も高まりました。
かなり好条件のものもあって、これで本当に採用となるかなと好条件が故に心配もありましたが、情報サイトには採用につながるコツなども掲載されていて役に立ちました。
その中でも良いと思ったのが面接のアドバイスやワンポイントが掲載されていたことでした。
面接を受けること自体は勿論初めてではなかったし、なんとかなると思っていましたが久々ということもあって不安に感じている点も多くて、どうすれば良いのかわからないという気持ちもありました。
そんな中でサイトの情報を見ていたら、今までのやり方ではマイナスにはならなくても好印象にもならないんだろうなと思い当たる節もあったので本当に参考になりました。
実際にそれを参考にして当日面接に臨みましたが、とても緊張してしまってイメージしていた通りに受け答えをすることができなかったので自分に対しても嫌気がしたし、本当に落ち込みました。
案の定そこは不採用となってしまい、きちんと面接の対策をしようと思いました。
専門サイトのエージェントの人に相談してみたところ、わかりやすいアドバイスをしてもらえて、実際に当日の練習をしておくことが大切ということや、話し方や話すテンポも重要で笑顔も忘れてはダメだと言われました。
確かに、最近の薬剤師はいろんな活躍の場があるし他人とコミュニケーションをとる機会も多くなっているからコミュニケーション能力の高さをアピールすることが有効な手段なのかなと感じました。
薬剤師としては、わりと経験もあったし自分でも比較的優秀な方だと思っていたということもあり、採用されるだろうという気持ちで臨んでしまっていたかなと思い反省しました。