中絶手術の体験談。

罪悪感とトラウマは残り続ける

大学生で妊娠、中絶した経験あります記憶から消したい中絶手術罪悪感とトラウマは残り続ける

今まであった気持ち悪さはなくなり、つわりというものがなくなりました。
反対に子宮の痛みが常に襲い、ジンジンとした痛みが続いて辛かったです。
痛み止めは飲みすぎると良くないと聞いたのであまり飲まないように生活していました。
体の傷もそうですが、一番は心の傷が大きかったように思えます。
今になって思うことは、もっと違う選択ができたのではないか、安易に考えすぎたのではないか、赤ちゃんに会いたかった。
女の子だったのか、男の子だったのかすら分からず、だった2ヶ月の命でした。
手術後は罪悪感ばかりで、お祈りをしに行こうしに行こうとばかり思って日は経つばかりです。
気がつけば1年前の話になりました。
1年前の話とはいえど、一度も忘れたことはありません。
忘れられません。
好きな人との間にできた大切な命を自らの手で、莫大なお金をかけて命を絶ったということは本当に無残で残酷なことです。
術後よりはマシになりましたが、今でも小さな子を見ると辛く過呼吸を起こしそうになります。
謝っても謝りきれず、どうすればいいのかわからない、というのが本音です。
もし、次このようなことがあれば、もっと違う選択をできたらいいなと考えてしまいます。